国語の指導方針について

当塾では、国語力を確認するために読解問題を使用しますが、通常の授業では読解問題を使用した指導は行いません。

読む力とは、文字で書いている情報の要点を掴み理解することと考えています。だから、読解問題を使用するなら、上段の本文をきちんと読み要点を掴んでいくことで読む力は養われます。しかし、国語を見て欲しいと塾に通い始めた子どもの解き方を見ると本文に目が行かないことが多いです。ひどくなると「先生、選択問題って、本文を読まなくてもこうやれば答えが出るよね」というようなことを言ってきます。

そんなことをずっと続けてきているから点数が伸びず算数や数学でも、文章問題がさっぱりわからないのだと思います。

読むことが必要な問題は、国語以外でも多数あります。だから読む力をつけないと全教科に影響を与えると思っています。確かに、技術により国語の点数の一部は取れるようになるのですが、それよりも大きな点数を失っているのではないでしょうか。

こういった点数だけ取れれば良いといった考えが根付いていることが多いので、読解問題を授業で使用しても本文を読んでくれません。こういった技術的なものは入試ギリギリで保険として持てば良いと考えています。

そのため、ときわの塾では、読む量を増やすこととその要点を纏めることができるように次のようなことを授業で行います。

  • 音読を聞くことから始め、読み方を正しくします。(文末が小声になることの修正や息継ぎ箇所の修正等)
  • 与えた文章を覚えるつもりで読ませます。
  • 本当に覚えるつもりで読んだかを確かめるために、主語や述語や飾りことばを穴抜きにしたプリントを渡し、それを与えた文章を見ずに埋めさせます。
  • そして、答え合わせのあと要約を書きます。

※要約を書くための手順がありますが、ここでは割愛しています。

文字の情報から要点を掴み理解することは、聞く時も同じなので聞く力の向上も期待できます。

そもそも、音読の宿題が無い学校はあるでしょうか。宿題に出るということは文を読むということは、大事であるし本当に積み重ねが必要なことと言っているようなものではないでしょうか。

※要約を書くための手順がありますが、ここでは割愛しています。

0