「MAX1対9でそろばんやその他学習を個別で進捗するって本当に指導できるの?」です。

本題に入る前に保護者様が今までお勤めしたことがある会社を思いだしてほしいです。例えば、上司に質問や相談をした際に、その上司が「今日は営業のことだけの質問にして、クレームなら明後日にして欲しい」とか上司の机に時間割がありその時間割には営業・会議・相談・質問・クレームなどが書かれている。そして、質問したい場合はその決まった時間枠だけで質問をできることが明確にされていたりあったでしょうか。また、また、抜歯は何曜日の何時から何時と決められている歯医者や今日はインフル対応だけになっている病院とかもあまりないと考えます。

そもそも学校や集団塾のように一斉に学習するのなら時間割が必要だと思うのですが、それ以外は複数の教科を個別でやっていたとしても上記の実社会で行われていることが普通だとすると同じように普通に指導できるのだと思います。

他塾の先生からもそろばん・算数・国語や英語などの複数にまたがる教科を同時に対応していることをびっくりされたりしますが、塾生も70人程度(しかも保護者様も協力してくれる)でMAX9人を同時に対応するだけなので恐らく保護者様が会社で管理している顧客数で言えば普通以下だと思います。ですので誰に対してどういう指導が必要とかは工夫次第で普通に個々人の把握を行い個別に合わせた指導は普通に行える筈です。

最初は、算数等を指導している子供がそろばんの音とか気になるかなとかも考えましたが、それぐらいの音で集中できないのなら、学年が進むにつて有効となる隙間の時間(電車乗車中等)での学習などできるはずもないのでむしろそういったことがあっても集中できるように子供を鍛えたほうが良いと思うようになりました。

最初に戻りますが、問題なく対応できます。そういった形式の塾や習い事の場がないだけだと思います。

次回は「中学入学までに塾不要の子供を1人でも多く排出する」をもう少し説明させて頂きます。

0