そろばん塾でなくよみかきそろばん塾にしている理由(西宮市にあるときわの塾)

結論から言うと「効率よく学習を吸収していって欲しい」ことと「経済的にも負担を抑えたい」と考えているからです。

「そろばんだけでも教えてもらえますか」勿論、大丈夫です。そして、「算数が苦手なので」「計算が遅いので」こういったことが習うときの動機です。

そろばんが、上手になっていく子は、聞くことや真似をすることや決まったことを決まった手順でやっていくことが上手です。(これは他の習い事も同じと思います。)そして、算数や国語についても苦手ではないです。そういったベースがあるので、そろばんの練習を通して、ますます計算がはやくなっていきます。

計算が遅いという子は、解くための手順が定まっていないので無駄なことを多くします。それは、そろばんの指導を行うときに指の使い方が定まらなかったり、そろばんの基本的なルールを覚えるのではなく好き勝手にやろうとする行動から分かります。そして、そこから手順通りに行う練習を繰り返すことでそろばんはできるようにはなるのですが、算数の計算では手順に従うことをやろうとしないので桁が増えるとやはり遅いままになりがちになります。ですので、算数の問題を使用してチェックして算数における計算過程も矯正します。また、計算はできるが文章題が苦手という子は、その学年までに履修した語彙を知らないことや読むことができない、なによりも図などを使って見える化をすることが苦手な子どもが多いです。

勿論、そろばんを継続して頑張っていれば計算は早くなります。でも、そろばんだけでは算数力をあげるということに限界があります。低学年のうちは計算が早いだけでも良いのですが、高学年になるにつれ文章を読んで答える問題が増えていきます。では、低学年で語彙を増やすことや本を読む(精読であり、あらすじを掴む流し読みではない)ことを怠っていた子どもが解き方だけを教えれば高学年になって文章題が解けるかというと言い回しが変わるだけで解けなくなります。とくに、音読の宿題を軽視していた子どもは読む力が弱いかも知れません。

これらを踏まえると、算数をできるようにするには、国語力も必然的に必要になっていきます。以前はそろばん受講者にはそろばんだけ算数受講者は算数だけ国語受講者は国語だけで教えていました。また、カリキュラムを追加すると別の教科の追加費用かかっていました。ですが、より効率的に上達させたいという思いがあり、形式を変え、そろばんを習いに来た子どもにも必要に応じて算数や国語を教えることができやすい環境を作るために、そろばんと塾ではなく読み書きそろばんという形式にして、各カリキュラムの月謝も統一したことで柔軟性がある指導をできるようしました。

ちなみに5つの中カリキュラムの中から選ぶという形を取っていますが、必要に応じて選択された以外のカリキュラムを教えることが出てきます。

相乗効果というのかも知れませんが、一見すると関係のない作文が苦手な子どもに文を書く練習をさせていくことで、そろばんの上達に繋がった子どももいます。算数の「ちがい」という言葉を使った問題が分かりにくかった子に算数を暫く教えながらそろばんをすると、苦手だった引き算ができるようになった。図形を教えるようになってからそろばんに集中しだして上達した。心理学とかがわからないので、何の繋がりがあるのかがわかりませんが、私は単純に、何かできていなかったことができるようになったという気持ちが、そろばんをする時にも伝播しただけと思っており、結局は、「根拠のない自信」が持てているのだと思っています。こどもも大人と同じく何らかの自信が持てればほかにも繋がるので、すごいことと思います。

※ご案内 ときわの塾は2020年10月3日に開校5年目に突入することになりました。そのため、このブログを見た方限定で新規塾生に限り年間教材費を初回のみ無料とさせて頂きます。入塾決定時にこのブログを見たとお伝えください。(塾の部 よみかきそろばんの部 のみ)

ときわの塾 桑津 孝史

1+